生殖心理カウンセリング

当院では、認定生殖心理カウンセラーによる生殖心理カウンセリングと認定生殖医療相談士による看護師相談を行っており、患者様のこころのサポートに取り組んでいます。

カウンセリング 風景

不妊治療も一般化され、治療によって、あかちゃんを授かる可能性は、年々高くなり、たくさんの希望や期待を持てるようになりました。

一方で、クリニックの門をたたくまで、そして、検査治療を始めてから、様々なストレスを抱えることがあります。
不妊症の悩みは特有のものがあり、しかも多岐にわたると言われています。

また、自分自身が気づかないうちに小さなストレスが積み重なって、いつのまにか、憂鬱な気持ちになっていることもあります。

「治療をがんばらなきゃ」という気持ちが前面にあるからかもしれません。

不妊症のストレスは、なかなか人に理解してもらう事が難しかったり、相談するのは恥かしいと感じてしまう事があるかもしれません。

そんな悩みを一人で抱えていませんか。

心理カウンセリングは、あかちゃんとの出会いを望んで検査や治療を受けている方々に対しての、お手伝いの一つです。
治療の内容に関わらず、様々な場面でのストレスに関して、みなさまが解決の道を見つけていくためのお手伝いをする方法として、カウンセリングを提案しています。

日常生活ではゆっくり話せないことや、ご自身またはカップルだけでは解決できなかったことなど、守られた落ち着いた空間の中で自分のペースで話し、見つめ直すことができます。

カウンセラーのご紹介

認定生殖心理カウンセラー 公認心理師 吉永 明美

認定生殖心理カウンセラー 公認心理師
吉永 明美

あいさつ

生殖心理カウンセラーの吉永明美です。

生殖心理カウンセラーは、日本生殖心理学会が認定した、不妊・生殖の問題にかかわる心理援助を行う臨床心理士です。

私が臨床心理学をめざすきっかけとなった最初のテーマは「妊娠・出産・育児といった周産期の女性のストレスケア」でした。

あかちゃんを望む女性のこころが元気でないと、健やかなこどもが育たないと考えます。
周産期の女性は、喜びと同時に様々なストレスが加わり、大きく揺れ、不安や悩みをひとりで抱え込んでしまうことがあります。

当院の心理カウンセリングでは、あかちゃんとの出会いを望んで、検査や治療を受ける方々のお話を聞き、「ひとりで悩まなくていい」と感じることができる支援を心がけています。

いまより、少しでも気持ちが楽になれるようにお手伝いを致しますので、どうぞ、お気軽にお声掛けください。

カウンセリングのご予約

毎週火曜日1日1名(15:00〜15:30) 完全予約制です 。
詳細は受付、スタッフにお尋ねください。

1回のカウンセリング面談の時間は50分程度です。

料金:1回4120円(うち2060円はクリニックで負担しますので、患者さんの実費負担は2060円となります) 治療計画や治療方針についての相談(医療情報提供)ではありませんのでご注意ください。

看護師相談

看護師相談 風景

通常の診療内では質問できないことや治療・検査・ステップアップなどに対する不安や心配なこと、他人には相談できないことをお話ししてみませんか?

日本生殖医療心理カウンセリング学会の認定を受けた生殖医療相談士4名が対応させていただきます 。

どんな悩みや質問でも結構ですのでご相談ください。
ご希望の方はお気軽に受付へお申し出ください。

看護相談につきましては無料です。何回でも相談は可能ですので是非ご利用ください。