06

3月6日 開院記念日

黄砂で殆ど見えなかった昨日と打って変わって、雲ひとつない快晴に最近では一番別嬪な桜島。 3月とはいえ少し冷たい風。 今日は3月6日、MWCの開院記念日。23年目に突入しました。不妊治療保険化元年、どうなりますことやら。淡…

23

患者さんの自己負担額を試算してみました

4月以降の不妊治療の保険化に関して、体外受精・顕微授精・受精卵凍結についての金額をまとめました。 この金額の3割が自己負担額になります。 ケースによる自己負担額 また、幾つかのケースについて試算して患者さんの自己負担額が…

20

不妊治療の保険化、本当に患者さんの負担減る?

てみた。不妊治療の保険化。 実際の保険点数まだわからないけど、噂されてるもので試算してみた。高額医療制度フルに使用したとしても当院MWCの場合だと、現状の助成金の方が患者さんの負担、断然少ない。。。(移植料高め設定だけど…

19

オミクロン収束?

グラフを眺める毎日。 アメリカ、イギリス、イタリアは既にピークアウト。他にもピークアウトしてたり、しつつある国が続々と。傾向は同じで、ピークの数は前の波の3倍から5倍、ピークまでの期間は3週間弱、ピークアウトまで1ヶ月ち…

19

不妊治療の保険化:回数制限(1-17投稿)

うーん、考えれば考えるだけ穴が出てくる。 現行の助成金制度、6回申請には採卵・胚移植もあれば凍結融解胚移植も1回にカウントされる訳で、これを保険に適用するなんて、もうカオスですよ。誰がカウント確認するの。採卵6回じゃない…

19

人口減少!(1-11投稿)

今年の新成人、120万人。 昨年の推定出生数、81万人。 3人居たのが2人に。 100人居たのが66人に。 恐ろしや、学校も教員も削減。それに群がる塾も教材会社も減少、縮小。それ以外にも関係する職種や産業は先細る。 もう…

13

オミクロンの本当の恐怖(1月5日投稿)

オミクロンの本当の恐怖。 第6波、立ち上がりましたね。まだデルタ株が主だけど全国でオミクロン株の市中感染拡大してるので早晩、急速にオミクロンに置き換わるのでしょう。何せ感染力4-5倍なので、感染対策十分に施していても知ら…

05

新年明けましておめでとうございます!

2022年が明けました。2021年、コロナとの共生の中での生活、治療、大変だったと思います。2022年の年明け、気候はとても穏やかでしたが、コロナは新しいオミクロン株の流行の兆しが明らかになりつつあり、今後の動向が杞憂さ…

25

木曜日の昼下がり

定例の木曜日午後、馴染みのスタンドバーへ。 川内の岩切先生とまた遭遇。超絶旨い赤をいただきました。途中、元患者さんが4カ月の赤ちゃん連れて来たり、4時間飲みっ放し、語りっ放しで愉しい時間。