不妊症の主な検査

当院にて行う不妊症の主な検査をご案内いたします。

AMH

卵巣の中にある原始卵胞(卵巣内で待機している卵胞)は胎児期(妊娠6か月まで)の間に作られます。
これ以降、卵胞を生み出すことはなく加齢に伴い卵子の質・数は低下していきます。

当院患者におけるAMH値分布

AMHは発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで卵巣機能が低下してくると値が下がってきます。
AMHを測定することで卵巣の予備能を知ることができ、不妊治療がいつぐらいまでできるのかの目安になります。

治療・月経周期・内服による値の変動はないため、いつでも検査できます。
当院では初診時の採血の検査項目に含まれています。

ホルモン検査

ホルモン検査

排卵に関与するホルモン値を採血して測定します。

E2(卵胞ホルモン)
卵胞の顆粒膜細胞というところから分泌され、卵胞期(低温期)に子宮内膜を厚くし排卵前に子宮頚管粘液量を増加させる作用があります。
LH(黄体形成ホルモン)
成熟した卵を排卵させ、妊娠を維持するための黄体を形成させる作用があります。
FSH(卵胞刺激ホルモン)
脳下垂体から分泌され、卵巣に作用して卵そのものと卵の入っている卵胞を発育させます。
月経開始時の値から卵巣がどれくらいの排卵能力を持っているかわかります。
P4(黄体ホルモン)
排卵した後に形成される黄体から分泌され、子宮内膜に作用して内膜の性状を変化させて胚が着床しやすい環境にします。
プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)
脳下垂体から分泌され、通常は分娩後に大量に分泌されるホルモンです。
この値が高くなるに従い、黄体機能不全・無排卵・無月経になることがあります。

初診後はまずLH、FSH、プロラクチンを検査します。
月経開始2~5日目に行います。

卵管通気検査、子宮卵管造影検査

卵管の通過性を確認するための検査で、月経終了後から排卵までの時期に行います。

卵管通気検査

卵管通気検査

子宮口から炭酸ガスを子宮の中に一定の圧力で入れて、ガスが卵管から腹腔内に出ていくときの圧力を測定し、卵管が通っているかどうかを見る検査です。

子宮卵管造影検査

子宮卵管造影

子宮内腔の異常と卵管の通過性を調べるために、レントゲン透視下に子宮口から造影剤を注入して観察・撮影する検査です。

※当院では提携している病院で受けていただく検査です。

排卵に関する検査

超音波検査

卵胞成熟過程

卵胞発育をチェックし、18mm~20mm直径の卵胞が成熟しているか検査します。

卵胞が発育していれば血中ホルモンを測定(E2、LH)し、卵子、卵胞の成熟度と排卵日を決定します。

排卵後に実際に排卵があった確認のために排卵推定日の後に超音波検査で卵胞が消失していることを確認します。

子宮鏡検査

子宮ファイバースコープ

子宮の入り口(子宮頚管)から子宮腔の中に細い内視鏡を挿入して子宮の内面を観察する検査です。

この検査を行うことで子宮内のポリープ、粘膜下にある子宮筋腫、子宮腔内の癒着などがわかります。

精液検査

精液検査の標準値

治療を進めていく上で欠かせない検査です。
早い段階での検査をお願いいたします。